新機能 イベントメッセージの予約機能を追加しました。イベント主催者様は、参加者へのメッセージ送信を事前に予約できます。詳しくはこちらをご確認ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

29

VRMコンソーシアム セミナー

第1回「ビジネスにおけるアバター活用術」

Organizing : 一般社団法人VRMコンソーシアム

Hashtag :#VRM
Registration info

一般参加枠

3000(Pay at the door)

FCFS
37/50

Description

業界の第1人者が展望を語る、XR時代の3Dアバター活用事例セミナー

2019年、Oculus Questの登場によって世界的な盛り上がりを見せたVR市場。海外では、エンターテインメントのみならず、医療・教育・スポーツなど、さまざまな産業分野で実際にXRが活用され始めています。

一方で、日本では「バーチャルYouTuber」やバーチャルアイドルの登場、人気キャラクターを使ったロケーションベースVR施設など、3Dアバターを活用した全く新しいビジネスが続々と生まれており、その動向が世界的にも注目を集めています。

本セミナーでは、今後のXRにおいてますます重要性が高まっていく「アバター」に焦点を当て、VRMコンソーシアム加盟社による最先端の事例をご紹介しながら、アバターのビジネス活用術をお伝えしていきます。

開催概要

  • イベント名:VRMコンソーシアム セミナー 第1回「ビジネスにおけるアバター活用術」
  • 日時:2019年11月29日(金) 13時00分〜19時00分(受付12時00分より)
  • 会場:株式会社ドワンゴ セミナールーム(銀座松竹スクエア 11F)
  • 費用:一般参加枠 3,000円
  • 定員:50名
  • 主催:一般社団法人VRMコンソーシアム
  • 運営協力:株式会社ドワンゴ、株式会社バーチャルキャスト

取材を希望されるメディアの方は、connpass経由で取材希望の旨お問い合わせ頂くか、お問い合わせアドレス( vrmc-pr@vrm-consortium.org )までご連絡ください。

イベント参加者の確認のためお名前と会社名/組織名を頂戴しております。

受付はイベント会場入り口に設置いたします。受付手続きの際に、受付票と名刺を1枚、ご用意ください。

こんな方におススメです

  • 企業の新規ビジネス企画のご担当者様
  • サービス企画ご担当者様
  • VRMコンソーシアムにご興味がある方

イベントプログラム(予告なく変更になる場合がございます)

時間 内容 スピーカー
12:00 開場
13:00 VRMコンソーシアムについて 代表理事 石井 洋平
13:20 アバター+パラリアルで社会の課題を解決する VR法人HIKKY 舟越 靖
13:50 休憩
14:00 バーチャルライブプラットフォーム「INSPIX」におけるVRM活用事例 パルス株式会社 加田 健志
14:30 休憩
14:35 ビジネスの"現場"におけるキャラクターモデルの活用事例とその分析 ピクシブ株式会社 伊藤 彰宏
15:05 休憩
15:10 VRアニメ制作のミライ 株式会社エクシヴィ 近藤 義仁
15:40 休憩
15:45 GREE VR Studio Lab × 株式会社NTTドコモ スペシャルセッション
「SIGGRAPH ASIA 2019 Real-Time Live!」
‣ 5G時代のR&Dと7,154kmへの挑戦(仮)
‣ 5G+Virtual Beingsへの取り組み(仮)
GREE VR Studio Lab 白井 暁彦
株式会社NTTドコモ 副島 義貴
16:15 休憩
16:30 パネルディスカッション ・モデレーター:
 株式会社Mogura 久保田 瞬
・VR法人HIKKY 舟越 靖
・パルス株式会社 加田 健志
・ピクシブ株式会社 伊藤 彰宏
・株式会社エクシヴィ 近藤 義仁
・GREE VR Studio Lab 白井 暁彦
17:30 VRMのこれから 技術委員会 委員長 岩城 進之介
17:50 VRMコンソーシアムからのお知らせ 代表理事 石井 洋平
18:00 ネットワーキング
19:00 終了

登壇者プロフィール

舟越 靖 /(有)フナコシステム およびVR法人HIKKY 代表取締役

クリエイティブ分野の幅広い交流を活かし、多くのクリエイターを組織化。8日で70万人以上が来場したVR上のコミュニティ「バーチャルマーケット」を手掛けるVR法人HIKKYをはじめ複数の起業に携わったシリアルアントレプレナーである。


加田 健志 / パルス株式会社 VR Live Engineer

アーケードゲーム開発会社、VRゲーム開発会社を経て2018年パルス株式会社に入社。
2015年より公私にわたってVRコンテンツの制作に従事
現在はVRデバイス制御、クライアント通信、サウンド制御が主な担当範囲


伊藤 彰宏 / ピクシブ株式会社 VRoidプロジェクト マーケティング責任者

VRoidプロジェクトのコラボ・協業施策として、テレビ東京「相内ユウカ」、BS日テレ「月イチのてぇてぇTV」、テレビ朝日「超人女子戦士 ガリベンガーV」、スタジオ地図『サマーウォーズ』「OZ on VRoid」、カドカワ「コンプティーク」VRoid連載などを担当。アバターのためのファッションプロジェクト「VRoid WEAR」ではプロデューサーとクリエイティブディレクターを担当。
個人活動として「バーチャル販売員 イトッポイド」名義で、バーチャルスタッフ、バーチャルツクモ店員、バーチャルティッシュ配り等、アバターを通した各種企業PR施策の企画・実行に従事。


近藤 “GOROman” 義仁 / 株式会社エクシヴィ 代表取締役社長、XRコンソーシアム理事

2010年株式会社エクシヴィ設立
2014年〜 Oculus Japan Teamの立ち上げに参画。Facebook Japan株式会社にて国内のVRの普及に務め、パートナーサポート、講演活動を行う。
個人でも”GOROman”としてVRの開発と普及活動を広く行う。2018年VRアニメ制作ツールAniCast を発表。東雲めぐ©GugenkaのSHOWROOM生配信に技術提供。エイ ベックスとアニメ制作のパラダイムシフトを目指すAniCast Lab.を設立。

著書「ミライのつくり方2020-2045 僕 がVRに賭けるわけ」


白井 暁彦 / GREE VR Studio Lab, Director

東京工業大学 知能システム科学 博士(工学) 。VRエンターテインメントシステム、触覚技術、GPU応用、多重化ディスプレイ、体験の物理評価、国際連携、社会実装が専門。日本VR学会 認定VR技術者,IVRC実行委員・審査委員,フランスLaval Virtual評議員。著書「白井博士の未来のゲームデザイン~エンターテインメントシステムの科学」,「WiiRemoteプログラミング」他。
デジタルハリウッド大学大学院 客員教授。2018年より「GREE VR Studio Lab」 Directorとして、VTuber関連技術のR&D促進,異業種R&D連携強化,業界振興・イノベーション型人材の支援発掘や育成中心に、世界に向けたアバター社会の発信活動と社会実装を行っている。


副島義貴 / 株式会社NTTドコモ スマートライフ推進部オープンイノベーション戦略担当課長

1998年NTT移動通信網入社(現NTTドコモ)
入社後iモードコンテンツ課金システム及び2G/3Gパケット課金システムの開発、放送通信融合サービスの企画開発に従事 2006年よりiコンシェルサービスの立ち上げ、およびマチキャラひつじのしつじくんの企画開発育成を担当
2010年スマホ向け放送局NOTTVの立ち上げで主にアニメ・デジタルコンテンツ番組の編成プロデューサー、2014年に「みならいディーバ(※生アニメ)」プロデューサーを担当v
ドコモ復帰後、5G+xRエンタメのグローバル戦略立案に従事しその傍ら2017年より中国チャイナモバイルとの共同作品「生放送アニメ 直感xアルゴリズム♪」プロデューサーを担当

※ 他、登壇者プロフィールは随時更新予定です。


その他

キャンセルに関して

ご参加出来なくなった場合には、お手数ですがconnpassの申し込みページにてキャンセル処理をお願い致します。

お問い合わせ

イベントについて不明点がありましたら、connpassの申し込みページにてお問い合わせのほどお願い致します。

VRMコンソーシアムについて

3Dアバター向けファイルフォーマット「VRM」の策定・普及を目的とした一般社団法人です。

詳細につきましては以下のサイトをご覧ください。

https://vrm-consortium.org/

VRMについて

VR時代の3Dキャラクター・アバター使用を想定したプラットフォーム非依存のファイル形式です。

従来の3Dモデルとしてのテクスチャやボーンといった情報に加え、視線設定など一人称で操作するアバターに必要な情報を扱えるようにし、環境により異なるスケールや座標系などを統一することで、3Dアバターが配信・ゲームなどあらゆるプラットフォームで使用されることを想定しています。

また、人が操作して人格を演じるアバターの特性を考慮して、このアバターを他人が使用しても良いか、暴力表現をしても良いか、などアバター特有の権利までもファイルに埋め込むことが可能です。

将来的には3Dモデルの権利保護の機能を兼ね備え、アイテムやアバターの着せ替え販売を実現するなど3Dモデルが流通する際の標準フォーマットを目指していきます。

VRMの技術仕様につきましては以下のドキュメントをご覧ください。

https://vrm.dev/

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

yashinut

yashinut wrote a comment.

2019/11/28 10:40

申し訳ございませんが、仕事の都合で1~2時間ほど遅れての参加となりそうです。

VRMコンソーシアム

VRMコンソーシアム published VRMコンソーシアム セミナー.

11/15/2019 12:10

VRMコンソーシアム セミナー を公開しました!

Group

Ended

2019/11/29(Fri)

13:00
19:00

Registration Period
2019/11/15(Fri) 12:00 〜
2019/11/29(Fri) 19:00

Location

株式会社ドワンゴ セミナールーム

東京都中央区築地1-13-1(銀座松竹スクエア 11F )

Attendees(37)

ikkou

ikkou

VRMコンソーシアム セミナーに参加を申し込みました!

hiroyuki_xr

hiroyuki_xr

VRMコンソーシアム セミナー に参加を申し込みました!

リアルアバター株式会社 - 岩山幸洋

リアルアバター株式会社 - 岩山幸洋

VRMコンソーシアム セミナー に参加を申し込みました!

HelloTakuya

HelloTakuya

VRMコンソーシアム セミナー に参加を申し込みました!

VRonjp

VRonjp

VRMコンソーシアム セミナー に参加を申し込みました!(取材を希望いたします)

zakkuu

zakkuu

VRMコンソーシアム セミナーに参加を申し込みました!

mkt

mkt

VRMコンソーシアム セミナー に参加を申し込みました!

thecoolmuseum

thecoolmuseum

VRMコンソーシアム セミナーに参加を申し込みました!

yashinut

yashinut

VRMコンソーシアム セミナー に参加を申し込みました!

Komatsu Naoya

Komatsu Naoya

VRMコンソーシアム セミナー に参加を申し込みました!

Attendees (37)

Canceled (3)